禁煙すると料理を食べ過ぎて太る?チャンピックスの力

禁煙に成功したら、料理が美味しく感じられるようになって太ってしまった、というケースもあります。
生活習慣病予防のために禁煙した人だったら、せっかく肺がんなどのリスクを下げられたのに、今度はメタボリックシンドロームや糖尿病のリスクに怯えなければならない、と肩を落としてしまうかもしれません。
たしかに喫煙していると甲状腺の働きが活発になって代謝が良くなったり、味覚が低下して料理の味がわからなくて食べ過ぎない、などのメリットがあります。
しかし、総合的に判断すれば、これは決して健康的な痩せ方とは言えません。これはタバコで痩せているのではなく、やつれているだけです。
たしかに禁煙すると太る可能性はあります。味覚や嗅覚が鋭くなって、喫煙していたときよりも料理が美味しく感じられて食べ過ぎてしまうからです。また、口寂しくてタバコの代わりに飴やガムを口にする機会が多くなって太ることもあります。
しかし、禁煙とダイエットは矛盾することではありません。
禁煙すると、血液の循環が良くなります。ニコチンには血管を収縮させる効果があり、これが血流低下を引き起こします。血流が悪くなると細胞に栄養や酸素が届きにくくなって、新陳代謝が活性化されます。
もし禁煙で太るからタバコを吸い続けているという人がいても、それは言い訳でしかありません。
今では、タバコへの切望感を緩和できるチャンピックスという薬も開発されています。チャンピックスはニコチン受容体に結合して少量のドパミンを出しながら治療を進めることができるので、離脱症状が起こりにくくなります。
もしチャンピックスを使って禁煙に成功して太ってしまったとしても、今度は食事や運動に気をつけて改めて行けば良いだけです。