チャンピックスを服用するとうつになる?

チャンピックスは禁煙外来で処方される禁煙補助薬です。ニコチンガムやニコチンパッチと異なり、ニコチンを含まずに禁煙をサポートする力が強いため、人気のある薬です。しかし、チャンピックスを服用することで、吐き気・不眠・うつなどの症状が出る事もあります。しかし、うつに関しては、チャンピックスとの明確な因果関係を特定するのは難しいといわれています。なぜなら、ヘビースモーカーですでに重度のニコチン依存症になっている場合、チャンピックスを用いなくても、禁煙を始めるだけでうつ症状になることもあるからです。この症状は「喫煙鬱」と呼ばれています。普段精神的にうつになりやすいかどうかということは関係なく、喫煙を始めれば誰でもこの症状を起こす可能性があります。人間は、精神的に健康的な状態を保っていくために、脳内でセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質を分泌していますが、たばこを長期間吸っている人の場合、ニコチンがこれらの物質の替わりになってしまうため、脳内でセロトニンやドーパミンを分泌することができなくなってしまいます。そのため、急に喫煙をやめることでニコチンが摂取できなくなると、セロトニンやドーパミンも作り出せないため、精神的な状態を崩してうつになりやすくなるのです。実際の治療の際に、チャンピックスを用いてうつの症状が出た時には、ニコチンパッチやニコチンガムなど、ニコチンを含むものを処方して、様子をみながら治療を進めていきます。この方法でうつの状態が消えるようであれば「禁煙鬱」であり、ニコチンを補充しても症状が改善しない場合は、使用を中止して別の専門医の受診をあおぐなどの対処がされます。あらかじめうつ症状を持つ人は、治療を始める際に、必ず医師に報告しておくことが大切です。