チャンピックスの医院での費用負担について

チャンピックスは最初の1週間は煙草を吸いたくなった時は喫煙をしても良いと言われている禁煙補助剤です。
12週間の禁煙プログラムを達成する事で禁煙を成功に導いてくれると言う特徴を持つ事、禁煙補助剤の中にはニコチンが含まれているものもありますが、チャンピックスは国内で初と言われているニコチンを含まない禁煙補助剤として医院の中にある禁煙外来などで専門医による処方でチャンピックスを購入することも可能になっています。

医院での処方は保険が適用されるので費用負担が3割で済むと言ったメリットが有ります。
また、チャンピックスは通販サイトなどでも購入は可能ですが、通販サイトの場合は保険適用外となるので費用負担は全額と言う事になります。

費用面からすれば医院の方が安く済みますし、専門医による禁煙のアドバイスなどを受ける事が出来るなどのメリットも在ります。
但し、保険が適用されるのはチャンピックスの服用プログラム期間となる12週間までとなること、途中で服用をやめてしまった場合、再び医院で処方を受ける場合は初診から1年を経過していないと保険が適用されないなどの特徴が在ります。

一般的に、12週間の禁煙プログラムを達成する事で禁煙に成功するケースが多いと言われているのですが、中には12週以降も服用をしたいと言う人もいるわけです。
12週目までの薬代や診察費用は保険適用となっていても、これを過ぎることで全額自己負担と言う形になります。

診察費用などを節約したいと言う場合は、12週目以降のチャンピックスは、通販サイトを利用する事で薬代だけで賄えると言うメリットが有ることからも、続けて服用する場合は通販サイトがお勧めとなります。