なぜチャンピックスが好まれるのか

チャンピックスは服用することで、禁煙時のイライラや不安感、気分の落ち込みといった離脱症状を抑え、タバコに対する欲求を軽減する効果があるとして、禁煙補助剤として販売されている医薬品です。タバコを吸う人のニコチン依存症は、時に麻薬よりも強いと言われ、禁煙には強い意志が必要とされています。タバコを吸うことによって煙に含まれるニコチンは、肺から血液に溶け出すと数秒で脳に到達するとされ、脳内のニコチン受容体に結合することで、快楽や安堵感を覚えるドーパミンという脳内物質を放出します。この経験をすると、再びニコチンを求めるようになり、ダメだと分かっていても簡単には止められなくなってしまいます。チャンピックスはこのニコチン依存症のメカニズムに対して、有効的な作用を及ぼす薬とされています。服用すると成分であるバレニクリンがニコチン受容体に取り付き、結合することで少量のドーパミンを放出し、ニコチン依存症の離脱症状を抑えます。またニコチンが受容体に結合するのを阻害する結果にもなるため、タバコを吸っても十分な満足感が得られず、本来ならば快楽や安堵感を覚えるはずが、吸っても意味がないと感じさせることで、喫煙への欲求を軽減させます。このチャンピックスの特徴は、禁煙のために服用していても、最初の1週間はタバコを止める必要がないということです。禁煙といえば、タバコをすぐに止める必要があったり、吸いたくても我慢する必要がありましたが、チャンピックスでは喫煙への欲求を軽減することから、飲み始めの1週間は無理に喫煙を止める必要がないのです。そのためタバコの量を自然と減らすことができ、禁煙への道をサポートしてくれるので多くの人に好まれて使用されています。